キャサリン妃のティアラやイヤリングも真似できる!

キャサリン妃のティアラ

世界中から注目を浴びたキャサリン妃のウェディングドレス。

 

しかし、その他の装飾品にも多くの人たちが魅せられました。

 

そう、ティアラやイヤリングです。

 

実は、キャサリン妃がロイヤル・ウェディングで身に着けていたティアラは、エリザベス女王からお借りしたものであるといわれています。

 

そのデザインは、アカンサスの葉をモチーフにした渦巻き模様の中にラウンドダイヤモンドが約740個、そしてバトンカット・ダイヤモンドが約150個もあしらわれています。

 

本物のティアラは、すべて本物のダイヤモンドを使って作られていますから、そのお値段はおそらく天文学的な数字になるのではないでしょうか?

 

でも、「キャサリン妃がロイヤル・ウェディングでしていたティアラと同じものを自分の結婚式で使いたい」と願っている人もいるはずです。

 

何と、現在ではそんな願いをとても簡単に実現することができます。

 

しかも、一般人でも手が届くリーズナブルな価格でです。

 

たとえば、ネットショップの「ウェディングティアラ ゴージャス屋」では、英国王室に嫁いだキャサリン妃がしていたのと同じデザインのティアラを49,800円で手に入れることができます。

 

これは、レンタルするよりも安い価格なのです。

 

一生に一度のあなたのウェディングで使用した後は、クリアケースに入れて大切に飾っておくこともできます。

 

何しろ、レンタルのように返す必要のないマイティアラですから、ずっと記念に取っておくことができるのです。

式の記念として一生の宝物

さらに、ロイヤル・ウェディングでキャサリン妃がしていたダイヤのイヤリング(ピアス)も、同じデザインのものが簡単に手に入ります。

 

セレブジュエリー専門店「イミテーションゴールド」が発売しているイミテーション・ティアラをAmazonがネット販売しているのです。

 

キャサリン妃のウェディングイヤリング(ピアス)が、何と16,800円で売られているのですから嬉しいですね。

 

このイヤリングのデザインは、元々ロビンソン・ペルハム・ジュエラーズが制作したものであるといわれています。

 

キャサリン妃の実家であるミドルトン家を象徴する新しい紋章のデザインをモチーフにしてデザインされました。

 

ペアシェイプ・カットのダイヤモンドがゴージャスに散りばめられた美しい輝きを放つイヤリングです。

 

イミテーションは、純正スワロフスキーがダイヤの代わりに使用されており、まるで本物のような輝きを放つ素敵なイヤリングとなっています。

 

こうした装飾品を身に付ければ、あなたの結婚式もきっとロイヤル・ウェディングのようなセレブリティを感じさせられるものになるでしょう。

 

 


このページの先頭へ戻る