神田うのがデザインしたセレブ感覚のウェディングドレスとは?

シェーナ・ドゥーノ♪

あなたは、タレントの神田うのさんがプロデュースするウェディングドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」を知っていますか?

 

彼女は、ドレスのデザイナーとして斬新で素晴らしいファッションセンスを発揮しています。

 

実は、2001年にスタートされた「シェーナ・ドゥーノ」のウェデイングドレスは、斬新で大胆でため息が出るほどお洒落です。

 

ですから、彼女のデザインしたウェディングドレスは、ブライダル界にセンセーショナルな新風を吹き込んだといわれます。

 

そのため、ウェディングドレスの常識を変えたとまで大きく評価されているのです。

 

うれしい価格設定

それほどまでに素敵でお洒落なウェディングドレスを彼女がデザインできるのは何故なのでしょうか?

 

それは、長い間一流のブランド品を身に付けてきたため、本当にお洒落なものが分かる感覚を培ってきたからでしょう。

 

彼女が制作するウェディングドレスは、デザインだけでなく素材や着心地までも高いセレブリティを感じられるようになっています。

 

ゴージャスできらびやかなそのデザイン性は、神田うのさんらしいセレブなファッショナブルさに満ちています。

 

彼女のプロデュースするウェディングドレスのレンタル料は、約40万円ぐらいです。

 

普通のウェディングドレスをレンタルするよりも少し高い価格となります。

 

しかし、ブランド物であること、そしてフルオーダーのドレスを制作する場合の費用を考えるとわりとリーズナブルな価格であることが分かります。

「ウノ エ レトワール」のセカンドラインが素敵

国内での結婚式なら、ぜひ彼女のプロデュースするウェディングドレスやカラードレスを着たいものです。

 

あまりの好評さに、「ウノ エ レトワール」というセカンドラインも出てきています。

 

とにかく、キュートで可愛らしいドレスがたくさん取り揃えられているのでぜひチェックしてみましょう。

 

神田うのさんといえば、2007年10月8日には年商534億ともいわれるレジャー産業の会社経営者、西村拓郎氏と結婚式を挙げたことでも有名です。

 

「趣味は結婚式」という言葉を発した彼女は、6億円もかけた結婚式を挙げたり、明治神宮やグアム、ハワイなどで7回もの結婚式を挙げたことでも知られています。

 

そんな型破りな彼女ですが、デザインセンスはやっぱり一流なのです。

 

ありきたりなウェディングドレスではなく、個性豊かで高級感のあるドレスを着たいと考える花嫁たちに、彼女のプロデュースブランドが高く支持されています。

 

国内でも本物のキュートなセレブリティを醸し出したいなら、やっぱり神田うのさんのウェディングドレスを選びましょう。


このページの先頭へ戻る