あのキャサリン妃の着ていたウェディングドレスが欲しいなら?

日本で大人気のロングスリーブ

海外セレブの中でも最も魅力的なウェディングドレス姿を見せてくれたのは、2011年4月29日に英国王室に嫁いだキャサリン妃でしょう。

 

有名ブランドの「アレキサンダー・マックイーン」のデザイナーとして活躍しているサラ・バートンが彼女から依頼を受けてデザインしたものなのだそうです。

 

キャサリン妃の注文通りに、クラシカルでありながらも程良くトレンドを取り入れた素晴らしいウェディングドレスとなりました。

 

その特徴は、刺繍レースなどをあしらったロングスリーブ(長袖)のデザインにあります。

 

実は、2014年になってもキャサリン妃の影響なのか日本ではロングスリーブのウェディングドレスが人気を持っています。

 

何しろ、一目見てから惚れ込んでしまって「ぜひ、キャサリン妃と同じデザインのウェディングドレスを自分の結婚式に着たい」と考えている人もいるでしょう。

オーダーメイドでリーズナブル

そんな人たちのために、実は日本人でもキャサリン妃のウェディングドレスと同じデザインのものを格安で作ってくれるお店があるのです。

 

それが、ネットショップの「ドレスショップ アリュール」です。

 

このお店に依頼すると、キャサリン妃が着ていたものとまったく同じデザインのウェディングドレスを格安でオーダーメイドしてくれます。

 

その価格は、何と129,600円というリーズナブルさです。

 

「アレキサンダー・マックイーン」の本物なら、オーダーメイドはもちろん、レンタルにしても破格な価格になってしまいます。

 

でも、日本のお店でオーダーメイドすれば、本当にリーズナブルな価格でキャサリン妃と同じデザインのウェディングドレスが着られるのです。

ロイヤル・ウェディング気取りで気品良く♪

結婚式当日には、キャサリン妃のウェディングドレスと同じデザインであることで、ゲストたちはきっと驚いてしまうと思います。

 

何しろ、英国王室に嫁いだプリンセスと同じデザインのウェディングドレスなのですから、自然と気品が漂います。

 

あなたが着てみても、まるでプリンセスのように素敵にゴージャスに見えるに違いありません。

 

つまり、一般人であってもロイヤル・ウェディングを気取ることが可能なのです。

 

しかも、オーダーメイドでありながら12万円ぐらいの安い価格なのですから、あまり予算に余裕がない人でもオーダーできるでしょう。

 

キャサリン妃と同じデザインのウェディングドレスを着て、古城ウェディングを挙式するのも一層素敵な思い出になると思います。

 

お金をかけずに、セレブに見られるウェディングドレス姿になることは充分に可能なのです。


このページの先頭へ戻る